中性脂肪の標準値・基準値。高すぎる数値も低すぎる数値も問題アリ。

中性脂肪の標準値・基準値

中性脂肪の値は高いまま放置すれば重大な病気を惹き起こす危険が高いし、低すぎれば健康を維持できず、これもまた危険です。ですから中性脂肪の値は正常な範囲に維持しておくのが肝要ですね。では正常とされる中性脂肪の標準値・基準値はどのような数値なのか、ご紹介します。

中性脂肪は空腹時の血液検査で血液中に含まれる中性脂肪の値が50~149mg/dlの範囲であるとされています。これを中性脂肪の標準値・基準値として健康上の問題の有無の診断がなされています。この数値を超えると、つまり中性脂肪値が150mg/dlになれば脂質異常症ということになり、動脈硬化の危険度が高いため改善する必要があります。脂質異常症は高脂血症といわれていたので、こちらの呼び名に聞き覚えのあるひともおおいでしょう。いずれにしても中性脂肪の値が異常であれば、食事療法や運動不足を解消して、動脈硬化の危険から早急に遠ざかることが必要です。

中性脂肪は脂肪分を多くとる、ということだけが原因ではなく、糖質が多いこと、アルコールの摂取が原因です。糖質というのはご飯やパン、麺、甘いものに多く含まれます。これを食べ過ぎると肝臓が余った糖分を中性脂肪に作り変えて身体に蓄えようとするからです。またアルコールも中性脂肪の原料になります。これらを摂り過ぎないようにすること、既に数値が異常の人は積極的に控えつつ、そして運動をしてエネルギーをつかう方法も併用するとよいでしょう。

 

中性脂肪の値が高いことが健康に及ぼす影響

中性脂肪が高い、と医師に指摘をうけても、なかなか危険を自覚できないものです。それは中性脂肪の値が高くてもほとんど自覚症状がないからなのです。でも実際には健康に対する危険度は高まっているのです。また自覚症状がないといっても、中世脂肪値が高いということはドロドロ血ですから、肩こり、頭痛、疲れやすい、などさまざまな不調はあるはずです。でもまさかこれが中性脂肪と関係しているとは思わず、「年齢のせい」などと思ってしまいがちですね。

以上のように中性脂肪の値が高いと、即病気になるわけではないのです。ただ、中性脂肪値が高い状態がつづくと、いわゆるドロドロ血の状態になり動脈硬化を招くのが問題なのです。具体的には、いつも中性脂肪が高い状態では、善玉コレステロールが減って逆に悪玉コレステロールが増えます。それが血管の内側の壁にくっついてたまります。すると血管は細くなりますね。このように壁が厚くなった血管は硬く弾力性がなくなりますが、この状態を動脈硬化といいます。

また、中性脂肪の値が高いことによって血液内の血小板が凝固して血栓ができやすくなります。細くなった血管に塊である血栓を含む血液が流れるのですから、詰まりやすくなります。この詰まりが心臓の血管でおきれば心筋梗塞ですし、脳内の血管で詰まれば脳梗塞をおこします。また詰まったせいで血管が破れて出血してしまうと脳内出血です。いずれにしても一刻を争う生命に関わる重篤な病気です。

 

中性脂肪の値が低い(低すぎる)のも問題

中性脂肪の値が高いと、三大疾病のうちの心筋梗塞と脳溢血を惹起する危険が増すということで、中性脂肪は排除すべき悪玉のような印象をもちがちです。でも、中性脂肪が低い、低すぎる、というのも問題です。中性脂肪は身体にとってなくてはならない大切な役割を果たしているからなのです。

たとえば皮下脂肪です。皮下脂肪は中性脂肪ですが、これがなければ私たちは体温の維持ができません。また筋肉や骨、内臓などの上に皮下脂肪のクッションがなくなってしまいます。また、数日食べなくても死なないのは中性脂肪が貯蔵エネルギーの役割があるからです。中性脂肪が極限に近くまでなくなっているだろうと思われるのは、もとカーペンターズの女性が拒食症で亡くなる少し前に撮られた心痛む写真です。見覚えのある人もおおいことでしょう。美しかった彼女ですがその写真は骸骨のように又は枯れ木のようになっていました。またアジソン病という難病をご存知ですか。これも中性脂肪が低すぎるのが原因とされている病気です。脱力感や疲労などの症状もつらいものですが、副腎皮質ホルモンの分泌低下が慢性化し、アジソン病にかかったら一生その治療を続けなくてはならないのです。

このように中性脂肪というのは身体に必要なものですし、まったくなければ人間は生きてはいけないものなのです。かと言って、血液中に中性脂肪がありすぎると病気を惹き起こす危険が高くなります。つまり、中性脂肪は正常値とされる範囲に保っておくことが大事なのです。

▲ページトップに戻る