コレステロールとドロドロ血液

コレステロールは脂質の一種でドロドロ血液と関係があるのですが、その説明の前にコレステロールの正体を知って下さい。コレステロールは細胞膜の材料に使われそれを生成したり安定させる働きがあります。あまり知られていないことですが性ホルモン、副腎皮質ホルモンなどのステロイドホルモンの原料、ビタミンD前駆体の原料、胆汁酸にもなっており、血管内壁の補強にも使われているのです。コレステロールは食事でも摂取されますが肝臓や小腸でも合成されています。

従来の健康診断ではHDLコレステロールが善玉でLDLコレステロールが悪玉、としてHDLが多くてLDLは少ないのが良い、とされてきました。しかしコレステロールの研究がすすみ、HDLとLDLには悪玉も善玉もなく両者はともに必要だしそのバランスが大切だと解明されてきています。こうしてみるとコレステロールはなくてはならない大切な存在ですが、増えすぎると大きな問題を生じさせるのです。本来、身体の代謝が正常におこなわれていれば過剰にコレステロールは排泄され異常な数値になることはないはずです。しかしストレスや喫煙、暴飲暴食や不規則な生活などでそうした体内のコントロール機能が衰えてコレステロール値の異常がおきています。

さてコレステロールの値が高いと必要以上に血管内壁を補強しすぎて血管の壁を厚くします。その異常に増えた付着したものが酸化したり、またそれを防ごうと白血球がコレステロールを食べまくり、その死骸が出ます。それがドロドロ血と動脈硬化の原因になっているのです。

▲ページトップに戻る